絵や写真を立体的につくってみよう!

空間認識能力を高めるためにも立体的に作ってみよう!

物を立体的につくることで、奥行きや幅、バランスを考える力を養い、

同時に空間認識能力を鍛えることができます。

空間認識能力を高めると、

「周りのお友達や物などとの距離」が把握できたり、

スポーツでは「ボールが落ちてくる場所」など正確に把握する

力がつきます。

そして危機を事前に察知する力をつけることにも繋がります。

車に飛行機、バイクなど色々なものが立体的に作れます!

実際の飛行機や車を見たり、写真などで立体的にその

乗り物を作ってみて下さい!

飛行機など、色を変えるだけでイメージも変わります。

車などもタイヤを大きく作ったり、小さく作ったりすることで

オリジナルの車に変身です(^^)

集中力を養うためにも必要な「まねる」力。

子供たちは誰かを「まねる」ことが大好きです。

それは、「歌」や「ギャグ」、「動き」または遊びかも知れません。

「学ぶ」ことは「まねる」ことから始まります。

1つの形だけを使い、実際の乗り物などをまねて作ることで、

集中力を存分に発揮していきます!

ぜひ、お父さん、お母さんも一緒に楽しんでくださいね!

1つの形だけを使ってつくることは「知恵の輪」をするように、

「考える力」を養います。 ぜひ子どもさんとご一緒に考えて

コミュニケーションを取りながら「考える楽しみ」を分かち合って

下さいね(^^)

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​Copyright (C)2016 Jungle Gym All Rights Reserved.